終活情報

終活とは

今日世間では、「終活」という言葉は浸透していますが、そもそも「終活」という言葉はいつから広く使われるようになったかご存知ですか?

「終活」は2009年にある週刊誌が連載でこの言葉を使用したことが広まるきっかけと言われています。

一般的に終活とは、生前のうちからご自身のための葬儀や墓などの準備や生前整理、ご自身の財産の相続を円滑に勧められるための計画を立てておくことなどと言われています。

我々司法書士も相続の分野で主に関わりがありますが、JNEXT司法書士事務所は「一般社団法人終活協議会様」と業務提携し、終活に関するサポートをさせて頂いています。


終活の社会的背景

終活がここまで広がった社会的背景にあるのは、高齢化社会や身寄りのないおひとり様が増えていることが挙げられています。

ひと昔前であれば、三世代家族と呼ばれる孫から祖父母の家族が同じ屋根の下で生活をしている、または親せきが近くに住んでいるケースが多く、ご自身に何かあっても面倒を見てくれる存在が近くにいましたが、現在は核家族や単身者の増加など親せきと疎遠になってしまうケースが増え、ご自身の身に何かあったことを想定して色々備えておかないといけなくなりました。


終活への取り組み方

終活の内容は幅広く、多岐にわたります。例えば

・エンディングノートを書く

・遺言書を書く

・葬儀やお墓の手配や準備をしておく

・身の回りの整理

といったことが主な内容として挙げられますが、ご自身が亡くなるまでの準備、亡くなった後どうして欲しいかなどの希望をきちんと決めておいて、自分らしい人生を終えられることが大切です。