簡裁代理業務

(1)簡裁訴訟等代理関係業務

簡裁訴訟代理等関係業務とは、訴額が140万円以下の民事に関する紛争であって、簡易裁判所において民事訴訟を行う場合に司法書士が弁護士と同様に訴訟代理人となることができます。

簡裁訴訟代理等関係業務は司法書士であれば誰でもできる業務ではなく、特別な研修を受けて試験に合格し、法務大臣が認定した司法書士に限り、行うことができるとされています。

当事務所の司法書士も簡裁訴訟代理等関係業務の認定を受けておりますので、ぜひご相談ください。


(2)債権回収や内容証明対応

・貸したお金が返ってこない。

・売掛金が回収できない。

・家賃を払ってもらえない等

 のトラブルはございませんか?

このようなトラブルに際して、内容証明を作成するなどして法的手続きのサポートをさせていただきます。


(3)債務整理

・毎月の借金の返済に悩んでいる。

・誰にも知られずに借金を整理したい。

・借金を滞納してしまったものの、返済するお金がない。

・過払い金が発生するのか知りたい。

このような問題に悩まれていませんか?

数百件以上の債務整理案件の相談にのり、解決に導いた経験豊富な司法書士が対応させていただきます。