相続対策

遺言書作成

確実な遺言書の作成をサポート

遺言書を作成しておくことにより下記のメリットがあります。

①相続トラブルを未然に防ぐことができる。

②ある相続人に多めに財産を渡したい。もしくは、法定相続人以 外に財産を残したい人がいればその人に財産を渡すことができます。

③相続手続きをスムーズに進めることができます。

④自分の意思や希望を託すことができます。

それらの事情を踏まえ、JNEXTが遺言書作成をサポート致します。


民事信託

依頼者様のニーズに合わせてご提案します

遺言制度や後見制度のみではご自身のご家族が思うような財産管理や資産承継ができない場合があるのも事実です。

民事信託は、信託の仕組みを利用した家族への財産管理や承継を言いますが、家族信託を活用することにより、ご本人や家族の希望に沿った財産管理や資産承継をすることが可能となります。

民事信託は内容が複雑な部分もあり、また新しい制度なので今後裁判所の判断次第では、デメリットが発生する可能性も十分あります。それらを踏まえてアドバイスさせていただきますので、ぜひJNEXTにご相談ください。

 


任意後見

あなたの財産を守ります

将来、ご自身の判断能力に問題が生じた場合、どのようにご自身の財産が管理されていくのか不安がある方も多くいらっしゃると思います。

任意後見制度は、ご本人が元気なうちに信頼のおける方を後見人として定めておくことができ(法定後見制度では家庭裁判所が選任する第三者が後見人となる場合が多いです)、その方とあらかじめ公正証書で任意後見契約を締結しておく制度です。

JNEXTが任意後見人となることもできますので、依頼者様の財産を責任をもって管理します。

 


相続放棄

相続放棄とは?

相続が開始されると、亡くなった方が生前に持っていた一切の財産が相続人に引き継がれることになります。引き継がれる財産は、預貯金や不動産などのプラスの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産も含まれます。

したがって、マイナス財産のほうが多い場合、相続人が借金を返済する必要が出てくるため、相続放棄をすることによって、借金返済をまぬがれることができます。

ただし、相続放棄をするとマイナス財産だけではなく、プラス財産も含めたすべての財産を引き継ぐことができなくなってしまうため、相続放棄をするためには家庭裁判所に申述をすることが必要です。

 


認知症対策

認知症でも銀行口座は凍結されてしまいます

口座名義人が亡くなった場合に口座が凍結されるということは知っていらっしゃる方も多いかと思いますが、口座名義人が認知症であると銀行側が判断した場合にも、銀行は口座を凍結することができます。

口座が凍結されてしまうと生活費のためであってもお金を引き出すことができなくなりますし、家賃や光熱費等を引き落としにしていた場合、引き落としができなくなりますので、支払いが滞ってしまいます。

そのような事態が発生する前に、民事信託や任意後見制度を利用して対策をしておく必要があります。


遺産分割協議

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議とは、遺言書がない場合に法定相続分とは異なる財産の分配を決めたい時にする話し合いのことを言います。

遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があります。遺産分割協議書が作成されれば、不動産の相続登記や金融機関の手続きの際に使用することができますが、相続の内容によっては作成方法も複雑になることがあります。

JNEXTは遺産分割協議書の作成のサポートを致します。

 


相続登記

相続登記とは?

亡くなった方が不動産を所有している場合に、その不動産の名義を相続人の名義に変更する手続きのことを言います。

相続登記は法律上の期限は設けられていないため、相続登記をしなくても罰則はありません。

しかし、放置しているうちに相続人の一人が亡くなれば、さらにその相続人が関わってくることになります。

したがって、いざ相続登記をしようと考え、遺産分割協議をしようとしても、相続人全員の意見が合わない、相続人の一部が不明となってしまうなどのケースも考えられるため、登記手続きが複雑化するおそれもあります。

そうならないためにも、相続が起こった段階で早めに相続登記を行い、名義を変えておくことが重要になります。


死後事務委任契約

身寄りのない方でも安心

ご自身が亡くなった後の財産は、相続という形で手続きが進められますが、死後の手続きは、相続だけに限ったことではありません。

例えば、葬儀や納骨の手配、公共料金等の支払い、遺品整理...、

もちろんご家族がいればこれらのことをやっていただけるのでしょうが、身寄りのない方の場合はどうすればよいのでしょうか。

死後事務委任契約は、身寄りのない方でもこれらの死後の手続きを信頼できる方にやってもらえるようにあらかじめ締結しておく契約です。

JNEXTにご依頼頂ければ、死後の手続きも安心してお任せいただけます。

 


遺産整理(承継)業務

「遺産整理(承継)業務」とは、司法書士が遺産管理人(遺産整理業務受任者)としてお客様の窓口となり、煩雑な手続きを一括でお引き受けするサービスです。

相続人調査(戸籍収集)や遺産分割協議書の作成、預金口座や不動産の名義変更など、あらゆる相続の手続きを代行いたします。

また、同じグループ内に税理士や社会保険労務士が在籍していることから、相続税申告や年金手続の対応をワンストップで行うことも可能です。